第143回(2018.12.21) 「プロジェクトマネジメントを楽しむ」 その143
「日本人がグローバリゼーション下で勝ち抜くための発想転換」(57)
−アベノミクスを成功させるための電子空間活用戦略ー
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(45)
渡辺 貢成
 kosei.watanabe@sweet.ocn.ne.jp
(有)経営組織研究所

―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(1)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(2)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(3)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(4)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(5)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(6)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(7)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(8)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(9)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(10)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(11)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(12)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(13)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(14
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(15)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(16)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(17)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(18)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(19)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(20)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(21)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(22)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(23)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(24)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(25)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(26)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(27)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(28)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(29)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(30)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(31)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(32)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(33)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(34)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(35)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(36)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(37)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(38)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(39)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(40)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(41)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(42)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(43)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(44)
―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(45)


A.先月はIさんから戦略には論理的戦略と実践的戦略があるという話を聞いた。この話は画期的な意見なので、読者も聞きたい話だと思う。

I.本日のテーマは当然ながら地域再生をテーマとした戦略の論理編と実践編の話です。
  いま、私は再生協議会で自分の意見が出せない状況になっています。それは日本的ムラ社会の掟に縛られているからです。
 誤解を避けるために日本的ムラ社会がどのようにして成立してきたのか話をします。

(1) 官僚組織の確立
江戸時代から明治新政府になり、新政府は憲法から始まる諸法律をつくり、継続的に安定して運営できる官僚制度を採用しました。この組織は世界中から必要な知識を導入し、この組織を運営するためのエリート人材として官僚育成学校を設立しました。それに応えたのが東京大学法学部でした。国は国法を設定し、これを基準にして行政を動かしますが、時代は常に進化しています。法律は社会の変化を受け入れて、常時改定しています。法令の改定は国会で行いますが、改定法案が、他の法案と矛盾しないことを確認し、短期間で国会での承認を得ることが求められました。そのための優れた人材は知識優先の高偏差値学生で、官僚としては主に東大法学部卒が多く採用されました。そして官僚は国の法令の番人として官僚の地位向上を図ったため、高偏差値知識保有者がえらいという風潮がうまれ、教育とは高偏差値だという誤解が生まれました。残念ながら官僚組織は発明や、発見を生み出すことではなく、また、失敗が許されない組織として君臨しているため、文科省の教育方針は社会の変化を無視したものとなりましたが、いまだに反省はありません。

(2) 戦後の日本製造業の組織
戦後の日本はモノ不足であったため、国は製造業に力を入れました。企業は欧米企業に対抗するために、4月に新入社員を採用し、終身雇用方式で専門職のレベル向上を図り、管理職には各専門部門を2,3年単位で渡り歩きさせたことで、専門職の技術の向上、管理職の広範な管理方式を実践し、専門家を育成してきました。

(3) 日本的ムラ社会の存続
戦後から1990年までの日本製造業の高度成長期を築き上げた組織の形態が、経験豊富な組織経営者と技術力、改造能力のある専門家の育成に成功しました。
経営者、技術者ともどもヒエラルキーのトップを目指し、企業の成功体験を築き上げました。しかし、1,990年以降の製造業はバブル期を迎え、製造業の発展が停滞し始めました。

(4) インターネット普及以降の時代
インターネットの普及は1,995以降からです。米国企業は経営のIT化を実施しました。米国企業は業務の標準化が完備されており、経営のIT化が容易にでき、業務の生産性を10%〜それ以上に向上させることに成功しました。

(5) 日本企業の経営のIT化
日本企業の経営IT化は国際的取引の必要な企業(金融、航空、商社等)は即座にIT化に成功しましたが、おくれて参入した一般企業では容易にIT化ができませんでした。製造部門では作業の標準化は完璧ですが、事務・管理部門での作業の標準化がなく、個人にゆだねられた組織運用をしていたため、IT化が困難でした。一度は米国流のIT経営ソフトを導入しましたが、結局従来の稟議制度にもどり、タテマエ上のIT経営もホンネでは確立されませんでした。

(6) 欧米企業と日本企業の業務遂行での基本的な相違:
T.ビジネスは契約から入る(欧米);聖書に『はじめに言葉ありき』契約の概念がある。ユダヤではエホバの神と契約した人が神からユダヤ人として認定される
U.ビジネスは口約束から入る(日本);契約に不慣れな日本企業は、契約以前に多くの口約束をしたため、口約束はすべて無償で赤字契約となりました。
  理由:経営者が日本的ムラ社会の住人で、グローバル的なビジョンがなかった。

(7)地域開発再生協議会へのアプローチ
T.不慣れな協議会責任者の行動;ビジョンがなく、町行政の要求事項だけを推進する。
 ・責任者の行動原理:@経験のないことは避け、失敗しないテーマに絞る
           A収益ゼロで、再生ができない。
           B課題解決という方式の研究になじみがない


 来月号で地域再生協議会に好ましい人材像を紹介する。乞うご期待



以上

プロジェクトマネジメントを楽しむ バックナンバー
第1回 プロジェクトを楽しむには多くの仕掛けがいる
第2回 PMを楽しむ仕掛けは時間が生み出す
第3回 基礎をしらないとPMは楽しくならない
第4回 仕事を減らす楽しみを覚えよう   (2)  (3)


第7回 行動の中から楽しみを生み出そう(1)
第8回 行動を頭に合わせよう(2)
第9回 行動を頭に合わせよう(3)
第10回 目的があって仕事がある(1)   (2)   (3)

第13回 日本の『現場力』を再度強化しよう(1)
 
  (2)   (3)  (4)  (5)  (6)  (7)  (8)  (9)  (10)

第23回 「何か変だな」(1)〜「お客様は神様か?」
第24回 「何か変だな」(2)〜「頭を使う人々が、(生産性に)頭を使わないのはなぜ?」
第25回 「何か変だな」(3)〜「問題と課題の違いがわかるかな?」
第26回 「何か変だな」(4)〜「資格を取っても役に立たない?」
第27回 「何か変だな」(5)〜「「物事」とは何か?」
第28回 「何か変だな」(6)〜「タテマエとホンネ」とは何か?
第29回 「何か変だな」(7)〜「カタカナ言葉と漢字」
第30回 「何か変だな」(8)〜「これからは日本の時代って本当?」
第31回 「何か変だな」(9)〜「ものづくりは技術が基盤って本当?」
第32回 「何か変だな」(10)〜「サービスはタダか、サービスはマネーか?」
第33回 「何か変だな」(11)〜「少子化問題と一人っ子政策の討論」
第34回 「何か変だな」(12)〜「何か変だな!講演会」
第35回 「何か変だな」(13)〜「何か変だな!講演会2」
第36回 「世の中をよくするアイデアを出してみよう!」(1)〜PMOに消火活動チームの設置
第37回 「世の中をよくするアイデアを出してみよう!」(2)〜働く女性のために小学校の低学年児童の居残りは学校が面倒を見たら!
第38回 「世の中をよくするアイデアを出してみよう!」(3)〜アイデアは出すことより、実行+が難しい。実行が難しいから、皆考えなくなる
第39回 「世の中をよくするアイデアを出してみよう!」(4)〜How to の時代からWhat toへの転換
  (5)  (6)  (7)  (8)  (9)  (10)  (11)  (12)  (13)  (14)  (15)

第51回 「プロジェクトを実践して楽しもう!」(1)〜What toからHow to enjoy project managementへの転換
第52回 「プロジェクトを実践して楽しもう!」(2)―緊急時の対策― 〜What toからHow to enjoy project managmentへの転換
  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)

第58回 「プロジェクトを実践して楽しもう!」―情報を活用する能力(1)―〜What toからHow to enjoy project managementへの転換
  (2)  (3)  (4)  (5)

第63回 「世界が変化している。原理・原則を知って変化に対応しよう」―ビジネスの基本に戻ろう(1)― −変わる基本、変わらぬ基本の理解−   
  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)  (8)  (9)  (10)  (11)  (12)

第75回 「世界が変化している中で、日本人は自分のことをよく知っているのか」―勉強をしたバカとは何か勉強しよう(1)― 
  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)   (7)   (8)   (9)  (10)  (11)  (12) 

第87回 「日本人がグローバリゼーション下で勝ち抜くための発想転換」−アベノミクスを成功させるためにー“想定外”と“ゼロベース発想”−(1)
  (2)  (3)   (4)   (5)   (6)  (7)   (8)   (9)   (10)   (11)    (12)  

第99回 「日本人がグローバリゼーション下で勝ち抜くための発想転換」―グローバル市場で“勝ち抜くための戦略”−(1)
  (2)   (3)   (4)   (5)   (6)   (7)   (8)   (9)   (10)   (11)   (12)   (13)   (14)  
  (15)   (16)  (17)   (18)   (19)   (20)   (21)   (22)   (23)   (24)   (25)   (26) 
  (27)   (28)    (29)   (30)   (31)   (32)   (33)   (34)   (35)   (36)   (37)   (38) 
  (39)   (40)  (41)   (42)   (43)  (44)  (45)  (46)  (47)   (48)  (49)  (50) 

 
一覧に戻る
スポンサードリンク
読者からのコメント

■本稿に対するご意見,ご感想をお聞かせください.■

は必須入力です
コメント
自由にご記入ください

■氏名またはハンドル名
■会社名または職業
■年齢

  
このコンテンツは「プロジェクトマネージャー養成マガジン」としてメルマガで配信されています.メルマガの登録はこちらからできます.