第119回(2006.10.03) 
おとなのプロジェクトマネジメント

前回からの続き。

118回「金はいくらでも出す」


◆おとなのプロジェクトマネジメント

プロジェクトリスクへの認識の高まりの一方で、リスクを見つけてそれを潰すのがプロジェクトマネジメントだといった認識が強くなってきた。それはいいのだが、何やら、変な方向に向かいつつあるのではないだろうか?

ソフトウエアエンジニアリングマネジメントの「グル」であるトム・デマルコはその著書

 熊とワルツを

の中で、リスクマネジメントをおとなのリスクマネジメントだと称している。おとなの決定的だともいえる特長は「人生の不愉快なことに立ち向かう意思があること」だとしている。これになぞらえて

 起こりうる悪い事態(リスク)をはっきりと認識し、それらに備えておくことがマネジャーとしての成熟のしるし

だとし、それゆえに、リスクマネジメントはおとなのプロジェクトマネジメントだといっている。

名言だ。ところが、現実にはリスクマネジメントが、プロジェクトの開始前にいやなことをすべて葬り去るマネジメントになりつつある。たとえ、それにどれだけの対価を払おうとも。いや、この言い方は正しくないかもしれない。一方で「経営的プレッシャー」があり、見合わないリスクのあるプロジェクトはやってはならないという風潮が蔓延しつつある。

これでは、「こどものプロジェクトマネジメント」である。


◆メンバーがこども!?

もう少し、おとなのプロジェクトマネジメントという意味を考えてみたい。リスクと深い関係があるのだが、あなたのプロジェクトマネジメントのスタイルは

 何も問題がなくても報告をさせるマネジメント



 何か問題が発生したときに報告をさせるマネジメント

のどちらだろうか?プロジェクトマネジメントは人の管理をするものではなく、成果の管理をするものである。従って、マネジメントスタイルは後者でありたい。しかし、現実には前者であることが多い。理由は、メンバーがこどもだからだそうだ。何十人のプロジェクトマネジャーからそんな話を聞いた。

おとなはこどもを保護しなくてはならない。おとなは、子供がリスクを無視しても、悲劇が起こらないようにしなくてはならない。

プロジェクトマネジャーが子供なら、、、あれ?どうなるんだろう?リスクを冒したこどもを虐待する?

プロジェクトチームがおとななら、リスクを管理しておけば、進捗の管理はいらない。
なんと美しい世界だろう。おとなのチームを創ろう!

◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆「コンセプト力」でプロジェクトを動かす
    〜コンセプチュアルプロジェクトマネジメントの進め方      ◆7PDU's 
  日時:【2日版】2017年 12月 21日(木)〜22日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始)
     【1日版】2018年 01月 19日(金)        10:00-18:00(9:40受付開始
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区) 
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス,共催PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
  【2日版】
   1.コンセプト力をモノにする
    1-1 プロジェクトに必要な「コンセプト力」とは
    1-2 構造化・概念化・直観で本質を見抜く
    1-3 コンセプチュアル思考によるコンセプト作成
    1-4 コンセプチュアル思考でプロジェクトを設計する
    1-5 コンセプチュアル思考でチームを動かす
   2.コンセプト力でプロジェクトを動かす
    2-1 目的・目標の設定
    2-2 要求の洞察
    2-3 マネジメント計画の策定
    2-4 ステークホルダーマネジメント
    2-5 トラブルの本質的な問題の見極め
    2-6 統合マネジメント

  【1日版】
   1.プロジェクトに必要な「コンセプト力」とは
    1-1 「コンセプト力」とは
     1-2 コンセプチュアル思考によるコンセプト作成
   2.コンセプト力でプロジェクトを動かす
    2-1 コンセプト・目的・目標の設定
    2-2 要求の洞察
    2-3 計画の策定
    2-4 統合マネジメント  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
前の記事 | 次の記事 | 記事一覧
著者紹介
好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
20年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料)」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介
本連載は、「PM養成マガジン」にて、連載しております。メルマガの登録は、こちらからできます。
スポンサードリンク