PMstyleはこちら
第247回(2011.03.22)
難局を乗り切るマネジメントとリーダーシップ(1)〜レジリエンスを高める

◆回復力、あるいは弾力性

最初のテーマを何にしようかと思って、ふと、頭に浮かんだのがレジリエンス(resilience)である。レジリエンスは一言でいえば、

困難な状況にもかかわらず、うまく適応できる力

であり、カタカナで使われることが多い言葉だが、日本語では回復力とか、弾力性といった言葉があてられる。僕が、レジリエンスという言葉を知ったのは、ある仕事で金井壽宏先生にアドバイスを求めたときに、キーワードとしていただいたことがきっかけである。金井先生は、昨年出版されたポジティブ心理学のワークショップ記録書籍「人勢塾」の中で、以下のように 説明されている。

(レジリエンスとは)ネガティブな逆境、葛藤あるいはポジティブであるが進歩、責任の増大など圧倒されてしまいそうな状況に、立ち向かい、克服し、元の状態にまで跳びはねていく力、さらに、そのような状況に偶然遭遇するだけであく、自らの選択で、安定して快適なゾーンを後にして、なにか新しくて未知なことに乗り出し、途中であきらめずにそれを成し遂げる力を指す。

金井 壽宏編著『「人勢塾」 ポジティブ心理学が人と組織を鍛える』、小学館(2010)
http://mat.lekumo.biz/books/2010/04/positive.html


◆レジリエンスが高い人の特性

簡単にいえば、レジリエンスが高い人は

1.ポジティブな未来志向を持ち、
2.感情の調整ができ、
3.新しいものに興味や関心を持ち、
4.忍耐強く、成し遂げる

という人ということだ。人勢塾では、レジリエンスのある人の特性を以下のように示している。

(1)個人の持ち味(アセッツ)には逆境からも将来からはポジティブな結果が生まれると信じる力

があり、逆境が望ましくないことをもたらすかもしれないという確率を高めるリスクを意識しながらも、

(2)ポジティブな結果が生まれる信念がリスクを上回ると信じ、将来展望するビジョンを示し、それを実現可能にする自己の支えになる価値感と信念を持つ


◆レジリエンスを高めるには

問題は、このような力を如何に高めていくかであるが、2つの提案を紹介しよう。

一つは勝間和代さんの3D運動。勝間さんは

「3D運動」の勧め〜「できる人が、できることを、できる限り」を合い言葉にしていきませんか?

という運動をされている。

勝間さんについては、ビジネスマンなら誰でも知っていると思うので、改めて紹介しないが、この切り口は、一目見ればすべてわかる勝間さんらしい思慮に富んだ切り口である。

特に地震の後は力を入れておられ、震災後にブログにたいへん、わかりやすい記事を書かれている。(「レジリエンス 勝間」で検索すればトップに出てくる)


もう一つは、田中ウルヴェ・京さんのセルフトークトレーニング。

田中さんは、ご存じない方もいらっしゃるかもしれないが、ソウル五輪シンクロデュエット銅メダリストで、現在はメンタルトレーニング指導士として活躍されている。

田中 ウルヴェ 京「立ち止まってもすぐに前進できる 「打たれ強い心」のつくり方」、
日本実業出版社(2008)
http://mat.lekumo.biz/books/2009/01/post-88fc.html

セルフトークトレーニングとは、

(1)自らのセルフトークに気づく
(2)タイプを分類する(いじいじ系、いらいら系)
(3)後ろ向きな言葉をストップする
(4)前向きな言葉に置き換える

という手順で行うメンタルトレーニングである。セルフトークは、レジリエンスを高めるのに有効なトレーニング方法だとされている。この手順の中で、ときに(3)から(4)においてセルフトークを転換するには

・根拠のない決めつけを止める
・いつもじゃなく、みじめになっているのは今だけだと考える
・この人に会っているときだけだと考える

の3つがコツだという。


◆プロジェクトリカバリーにおけるレジリエンスの役割

プロジェクトのリカバリーにおいて、レジリエンスという概念は重要である。挫折する多くのプロジェクトでは、プロジェクトマネジャーもメンバーもレジリエンスが弱く、

ポジティブな結果が生まれる信念がリスクを上回ると信じる

ことができない。このため、ビジョンを描くことができずに、目先の問題の解決に追われる。この状態を苦しいことだと思っている人がいるかもしれないが、この状態は

「安定して快適なゾーン」

だと思われる。先のことを考えずに、目先の問題の解決に追われているのはある種の達成感があり、楽である。本当に苦しいのは、そこから抜け、トラブル脱出のビジョンを描いて前に進んでいこうとするときだ。目先の問題解決というコンフォートゾーンから抜け出すためには、高いレジリエンスが必要である。


◆関連するセミナーを開催します
━【開催概要】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆「コンセプト力」でプロジェクトを動かす
    〜コンセプチュアルプロジェクトマネジメントの進め方      ◆7PDU's 
  日時:【2日版】2017年 12月 21日(木)〜22日(金)  10:00-18:00(9:40受付開始)
     【1日版】2018年 01月 19日(金)        10:00-18:00(9:40受付開始
  場所:国際ファッションセンター(東京都墨田区) 
  講師:好川哲人(エム・アンド・ティ コンサルティング代表)
  詳細・お申込 http://pmstyle.biz/smn/conceptual_pm.htm
  主催 プロジェクトマネジメントオフィス,共催PMAJ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【カリキュラム】                     
  【2日版】
   1.コンセプト力をモノにする
    1-1 プロジェクトに必要な「コンセプト力」とは
    1-2 構造化・概念化・直観で本質を見抜く
    1-3 コンセプチュアル思考によるコンセプト作成
    1-4 コンセプチュアル思考でプロジェクトを設計する
    1-5 コンセプチュアル思考でチームを動かす
   2.コンセプト力でプロジェクトを動かす
    2-1 目的・目標の設定
    2-2 要求の洞察
    2-3 マネジメント計画の策定
    2-4 ステークホルダーマネジメント
    2-5 トラブルの本質的な問題の見極め
    2-6 統合マネジメント

  【1日版】
   1.プロジェクトに必要な「コンセプト力」とは
    1-1 「コンセプト力」とは
     1-2 コンセプチュアル思考によるコンセプト作成
   2.コンセプト力でプロジェクトを動かす
    2-1 コンセプト・目的・目標の設定
    2-2 要求の洞察
    2-3 計画の策定
    2-4 統合マネジメント  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
前の記事 | 次の記事 | 記事一覧
著者紹介
好川哲人、MBA、技術士
株式会社プロジェクトマネジメントオフィス代表、PMstyleプロデューサー
20年以上に渡り、技術経営のコンサルタントとして活躍。プロジェクトマネジメントを中心にした幅広いコンサルティングを得意とし、多くの、新規事業開発、研究開発、商品開発、システムインテグレーションなどのプロジェクトを成功に導く。
1万人以上が購読するプロジェクトマネジャー向けのメールマガジン「PM養成マガジン(無料版)」、「PM養成マガジンプロフェッショナル(有料版)」や「プロジェクト&イノベーション(無料)」、書籍出版、雑誌記事などで積極的に情報発信をし、プロジェクトマネジメント業界にも強い影響を与え続けている。

メルマガ紹介
本連載は、「PM養成マガジン」にて、連載しております。メルマガの登録は、こちらからできます。
スポンサードリンク